滄浪をすぐに治す方法!滄浪阻止トレーニングと興奮を抑え射精を遅らせる方法

滄浪をすぐに治す方法をお探しの方へ。正しくは早漏と書きますが、漢字を間違って検索されている方が多いようです。

ネット上で一番人気のある早漏対策マニュアル

これが有名なスパーキー佐藤が教える超早漏対策です。

ちなみに正しくは早漏と書きます。最近、スマホなど機種によっては早漏と変換できずに、早漏と検索しますと滄浪をすぐに治す方法と出てきてしまいます。

ちなみに、早濡と早漏も似ているようで違います。早く漏れる(もれる)と書いて早漏(そうろう)と読みます。

ちなみに滄浪という言葉があるのは確かですが、中国にある川の名前にあります。中国湖北省を流れる漢水の一部の異称を滄浪というそうです。

また日本でも江戸時代には住江滄浪という儒教家が存在していました。

早漏をすぐに治す方法なんてあるの?

早漏事態は改善はできますが、亀頭が刺激に弱い方は刺激対策のトレーニングが必要になりますので2週間程度の時間はかかります。

ただし、刺激に離れているけど興奮が抑える方法を知らないだけだったら早漏はすぐにでも防止可能です。

僕の場合も亀頭が刺激には比較的強いほうだと思っていましたが、いざ可愛い女の子や巨乳女子とのセックスとなりますとなかなか興奮が収まらず、収集がつかない段階までいってしまい、もう行き沿うと思ったときには後戻りで傷に射精してしまうという感じでした。

また風俗でひとなめされただけでイキそうになってしまったこともあります。

そんなかなりの早漏状態であったわけですから正直な話自分でコントロールするのは無理だと思っていました。

しかし、スパーキー佐藤さんの早漏対策の第2章である興奮対策の方法を実践してみたら、今まで1分程度しか持たなかったのが10分とか余裕でいけるようになりました。

ちなみに購入したすぐの時は射精対策の部分はあまり必要性を感じなかったので、動画を視聴しただけで内容はほとんど実践していませんでしたがそれでも効果はありました。

僕が早漏改善に成功した具体的な手順

スパーキー佐藤の早漏革命の体験談

早漏自体も挿入持続が何分以上くらいだったらとか平均はどれくらいだとかいろいろ数字は諸説あるようですが、一般的には3分程度すら我慢できなかったら、早漏なのかなと思います。というのも女性側の立場で考えてみたら毎回セックスが3分も立たずに終わるとか考えられなくないですか?医療関係の文献を漁ると2分が基準となっているケースもありました。

でも、どうせだったら10分以上の持続力を身に着けて頂ければと思います。スパーキー佐藤の方法で是非、すぐにイカないようにしましょう。射精コントロール技術を身につけて下さい。

そんなわけで、ネット上でもっとも購入者が多い前人未到の早漏改善マニュアルが、スパーキー佐藤が教える早漏革命という動画教材で、購入者は優に1万人を超えるといいます。

参考サイト:スパーキー佐藤が教える早漏革命【3分以上ピストン可能に】

僕自身は、そのスパーキー佐藤の早漏革命で知った射精コントロール法を6年ほどずっと使っています。

最初は参考サイトにあるように刺激対策をはじめて、ずっと使える方法である興奮対策と射精対策を重点的に取り込んできました。

自分で、ここが弱いから改善しなく手はいけないと思う箇所を何度か繰り返し視聴してメモを取りながら見よう見まねでトレーニングしたり覚えました。

僕自身の弱点であった本番時の異常なまでの興奮の高まりを冷静になって抑えるコツやテクニックを学んことによってだじ早漏改善に成功したのです。

このスパーキー佐藤の早漏革命は動画本編より特典動画の時間が長く非常に充実していると感じました。

クリニックでの早漏治療は高額なケースもある

また早漏革命の価格に関しても、メンズクリニックなどで亀頭にヒアルロン酸を注入したりすて刺激に対する感度をにぶらせる早漏治療を受けた気になれば非常に安かったのかなと思います。

早漏治療だと数万円から10万円以上かかるケースもあるようですね。正直、早漏ごときにそこまでのお金は出せなくないですか?特に学生さんとかは無理なんじゃないでしょうか。

しかも、クリニックによってはペニスを長くする手術とか、こちらが希望してない手術を手術台に載せられた状態ですすめてくるなんて例もあるみたいです。

こう考えると早漏革命の滄浪阻止トレーニングをやり切れば、原因を元から改善する治療につながる可能性も大きいのかなと思います。

早漏革命公式サイトへ